似顔絵や切り絵で手作りウェルカムボード

結婚式は人生で一番幸せな日です。 式を挙げた日は披露宴をおこなう新郎新婦が多いですがその時にウェルカムボードをつくるカップルが多いです。
ウェルカムボードはいろんなタイプのものがあり、プロにおまかせして作ってもらうこともあれば手作りをすることもあります。 似顔絵を書いてもらうカップルもいます。
また手作りをする人の中には切り絵を使って作成する人もいます。
自分で作ることで世界に1つだけの特別なウェルカムボードになります。
式が終わったあとは自分たちが住んでいる部屋の玄関などに飾ることができるの一生物として残すことが可能です。
人生において最高に幸せな日の思い出は一生残しておきたいと思うものです。
また自分で作ることで出席した人からも好評を得ることができます。
自分たちで作り上げた式だからこそ思い出として深くのこり、また式の費用を節約することも可能です。
幸せな一日ではありますがとても費用がかかってしまう日でもあるのでこうした節約はとても大切です。

結婚披露宴用のウェルカムボードとは

ウェルカムボードとは、多数の対象者に対して当該ボードに記載された様々な情報を伝え、迎え入れるよう誘導するための小型の看板で、店頭や各種会場の入口近くに設置されるものです。レストランでは、書き換え可能な黒板にランチメニューやその日のおすすめメニューなどが書かれている場合が多いです。一般にウェルカムボードというと結婚式用のものを指す場合が多いです。これは、結婚披露宴会場の入口に披露宴の演出として設置されるボードです。新郎新婦の名前が表記され、招待者に会場の場所を伝えるとともに新郎新婦二人の個性的な歓迎を演出するためのアイテムの一つです。専門の業者に発注して作ってもらう場合や、新郎や新婦の友人が作ってあげる場合がほとんどですが、最近では新郎新婦自らがボードを手作りし、ハワイアンキルトを使ったものやゲストにメッセージを書いてもらっていくことで完成するものなど、オリジナリティ溢れるものに仕上げることも多くなっています。新郎新婦の思い出の写真を散りばめたものや似顔絵が描かれたもの、メッセージなど結婚披露宴の雰囲気に合わせたボードを置くことによってゲストを自然に誘う効果があります。コルクボードやガラス、鏡などの素材に人気が集まっています。中にはクッキーやキャンディなどプチギフトで構成されたボードや新郎新婦二人の思い出の品で作られたボードなどが作成されることもあります。また、結婚式後も新居に飾ることができるものをプロの業者や作家に依頼する人も増えています。

pickup

コンタクトレンズを通販を利用して購入を検討している方はご連絡ください

コンタクトレンズ 通販

専門スタッフが丁寧に対応してくれます

スマホ 修理 川崎

エントランスを彩るオリジナル表札のご提案です。

表札 ステンレス

2018/10/25 更新

Copyright (C) 2008 思い出ウェルカムボード All Rights Reserved.